LawTech Innovation
「Legal×Technology の未来を語ろう」

Seminar 日程:11 月 11 日 場所:FUKURACIA 丸の内オアゾ ( 丸の内北口ビルディング 16 階 )

Seminor Concept​

「あたりまえ」を「おもしろく」、現代社会に絶対的に必要な「法」と「テクノロジー」を掛け合わせることにより何が起こるのか

Speakers

Presentation

川村 尚永 氏

内閣官房日本経済再生総合事務局 参事官

1996年、京都大学経済学部経済学科を卒業とともに、通商産業省(現経済産業省)入省。2013年経済産業省製造産業局通商室長兼国際プラント・インフラシステム・水ビジネス推進室長、2015年経済産業省経済産業政策局産業組織課長、2016年経済産業省中小企業庁事業環境部企画課長、2017年内閣官房日本経済再生総合事務局参事官。日本政府の成長戦略において、行政手続のデジタル化、民事訴訟手続のIT化などによる事業環境改善等を担当。司法分野のIT化・AI活用推進のキーマンの一人。

Presentation

Japan LawTech Seminor Speaker Richard Tromans

Richard Tromans

Founder and Editor of Artificial Lawyer

Richard Tromansは法分野で20年以上のキャリアを持っています。彼は世界的に有名なリーガル分野におけるテクノロジーの最新のニュースと情報のプラットフォームである『Aritificial Lawyer』の創業者であり、また法分野におけるビジネス戦略やイノベーションに関するコンサルティングを行う『Tromans Consulting』の創業者でもあります。

Artificial Layer Logo

Presentation

関 洋二郎 氏

株式会社xenodata lab. 代表取締役社長

公認会計士。慶應義塾大学商学部在学中よりあらた監査法人(現PwCあらた監査法人)にて、上場/未上場企業の財務諸表監査、内部統制監査に加え、システム監査、データ監査業務などのIT統制に従事。2012年に株式会社ユーザベースに入社し、ビジネスプラットフォーム「SPEEDA」の事業開発部責任者として、国内外の市場環境調査から、プロダクト戦略の立案、データサプライヤーとのアライアンス、仕様設計、リリース検証、本番運用までの一連のプロセスについての執行を担当。2016年に株式会社xenodata lab.を設立し、自然言語処理技術をもとに、企業業績や経済の動向などの将来を予測するSaaS型AIサービス「xenoBrain」(ゼノブレイン)を提供する。

Xenonda Lab Logo

Presentation

Japan LawTech Seminor Speaker Carl Im

Carl Im

CEO of IOLEX LIMITED / Senior adviser of Yulchon LLC

Carl Imはiolex社のCEOを務め、弁護士が各クライアントに対してカスタマイズされた法申請を作成することできるサービスを提供しています。また彼は韓国の大手法律事務所であるYulchon LLC の上級顧問として、デジタル戦略であるeYulchonを推進しています。 物理学と投資銀行業の経験を背景に、ロンドンフィナンシャルタイムズが選出する『10人の新しい思考の先駆者』の一人に指名され、”Asian Technology and Innovation Initiative of the Year”、 “the Asia-Pacific Innovator of the Year”、 “In-House Community Visionary Firm of the Year”など、多くの賞を受賞しています。また今年にはマサチューセッツ工科大学コンピュータ科学・人工知能研究所とともにAIに関する論文を発表しました。

Japan Law Tech Carl Logo

Presentation

Seminar Japan LawTech Speaker Min Chen

Min Chen

VP & CTO of LexisNexis Legal & Professional Asia Pacific

上海に拠点を置き、3つのLexisNexisグローバルテクノロジーセンターの1つを率いて、アジア太平洋の7つの地域で、legal research & analytics, practical guidance & drafting tools, mobile solutions, and smart content engineering & operationsを提供しています。彼女のチームは、上海・インド・オーストラリア・ニュージーランド・マレーシア・シンガポール、約240人のエンジニアと製品マネージャーがいます。また、The Edison’s lab innovation program in Shanghaiを率いて、機械学習/深層学習、自然言語処理/理解、コンピュータービジョン、拡張現実、データ分析および視覚化などの人工知能技術を通じて顧客中心のイノベーションを推進しています。

LexisNexis Official Logo

Presentation

Maurice Rabb Tokyo Based Attorney

Maurice L. Rabb

Marketing Advisor to LexisNexis Japan / California Attorney

カリフォルニア州弁護士、リーガルテックのエバンジェリスト、専門能力開発および戦略コンサルタント、および多様性とインクルージョンのストラテジスト。 2006年から日本に住んで働いており、米国および日本の法律事務所で国際的なビジネス弁護士および人材の専門家として活躍。リーガルテックに特化したWebサイト(LegalTechJapan.com)を運営、東京法務ハッカー支部の創設者でもある。彼は、新しく立ち上げられたアジア太平洋地域の法律革新および技術協会の設立運営委員会のメンバー。 

Legal Tech Japan Logo
DETAILS
CONTACT US
English
Japanese English